はちきんっ娘☆ ルル♪

ウェルシュ・コーギールル&オリビアとの日々の生活記録。
TOP日常 ≫ 追悼 ひめちゃん

追悼 ひめちゃん

こんばんは


今年も残すところあと2日となりました

新年のお正月は、ルルは2回目オリビアは初めてとなります

お正月と言っても特別なことはしませんが、新年も病気や怪我もせずに元気に過ごせることを願っています


先日コーギースタイルを買って読んでみました

ブロ友さんのひめ 大好き!のひめちゃんの闘病記が掲載されていたからです
DSC06629.jpg


記事は、突然見回れたひめちゃんの異変  原因が分からず思い悩む日々・・・

そしてひめちゃんを苦しめていた病気は想像もしていなかった大病だと・・・

献身介護に明け暮れるも日に日に弱っていくひめちゃん・・・そして別れ

とてもつらい闘病生活の様子とひめままさんご一家の心の葛藤が綴られています


大好きなボールとひめちゃん                *写真はすべてひめままさんからお借りしました
20131117235952ebc.jpg


思い出のパパさん手作りのお庭で・・・いっぱい遊びました
20120324235054071.jpg


8歳の最後のお誕生日
20131117235950193.jpg


闘病中大好きなパパさんと
20120226230110f8a.jpg



亡くなる直前に大好きなお庭でご家族と触れ合いました
201203242350556fc.jpg



ひめままさんはひめちゃんを大事に大事にしました

ひめちゃんも娘さんを亡くして落ち込んでいるひめままさんの心を癒しました

お互い切っては切れぬ間柄だったのに・・・

シニアに入ってこれからまだいっぱい一緒に楽しい時間を過ごしていくはずだったのに・・・突然訪れた別れ

やり場のない気持ちで胸が詰まりました


いつかは訪れる犬達との別れ 頭の中では分かっているけどもしそれが突然現実のものとなったら・・・

想像もできません

心の中に穴がぽっかりとあいて途方にくれる日々を送ると思います

ではいつかは訪れる別れに対しどうしていけばいいのか?

今の日々の生活を大事に犬達と接していくことだと思います

ランに行ったり、川で泳いだり、お出掛けしたり、訓練したりと犬と共有できる喜びを一緒に楽しんでいく事だと思います


去年の今ごろ私はルルの原因不明な症状に頭を悩ませていました

症状は1時間ほどの訓練のあとに時々伏せこんで動けなくなることがあり、掛かり付けの病院でのレントゲン診断も異常なしでした

原因がはっきりしないまま年を越すのは嫌だと思った私は、セカンドオピニオンを求めました

今までの症状を話し、再度レントゲン診断をしてもらいました

そして診断結果は変形性脊髄症という病気でした

この病気は背骨が変形して神経などに触り痛みを生じるものです

一般的に手術は行なわず、食事と運動管理で経過観察をしていくものです

これが私とルルが受けた診断結果でした

すごくショックでした

まだ1歳になっていないのに脊髄の病気と診断され、病気と付き合っていくしか方法はないと宣告されやり場のない気持ちに落ち込みました


幸い症状は少しずつなくなり、運動のあとに動けなくなるようなことはなくなりました

ただルルは小さい時から関節が弱く、今でもドッグランでの遊びのあとは、右前足がびっこを引いたりします

1日無理をさせなければびっこは治まりますが、治ることはありません

このような症状はオリビアには全くありません

やっぱり人も犬も健康に勝るものはありません

ルル達にはいつまでも元気でいてほしいです

DSC06608.jpg



ひめままさん 

闘病記のブログは辛かったと思いますが、同じ境遇の人にはとても参考になっていると思います

私達も病名こそ違えども考えさせられること思うことがたくさんありました

今後はひめちゃんのことを思いながらひめこちゃんとの生活を思い切り楽しんで下さい

天国からきっとひめちゃんもひめままさんとひめこちゃんのことを見守ってくれていますよ


最後にひめちゃん

あなたはコーギーとしてこの世に生を受け、ひめ家へ嫁ぎました

心の折れた一家の心を癒し生きる勇気を与えました

まだまだこれからだったのに生きられなかったあなたのことを思うと胸が詰まります

しかし、あなたの生きた証はひめ家のみなさんの心の中にありがとうと言う感謝の気持ちで深く刻まれています

2013111723595132b.jpg









にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 ポチッとよろしくデス!

Comment

No title
編集
ひめちゃんの事は私もブログで読んだ事がありました、、
愛犬との別れはいつだってどんなにしたって辛いものです、、
会話が出来ないからこそ苦しんでるのか?辛いのか?痛いのか?
って思いますよね、、
どんなに愛情を注いでも どんなに一生懸命お世話しても
愛犬との別れは必ず後悔がついてまわるような気がします、、
私はたった6才で先代コギを亡くした時
本当自分を責め苦しみました。
病気がわかってたった2週間で旅立ってしまったコー太
もっと看病したりしてあげたかった、、、
今思えば きっともっともっと看病したりしたとしても
辛さや悲しさは一緒だったのではないか?ってね、、
でもいろいろな方がいろいろな病気をかかえてしまった事を
ブログに書いてくださる事で私達も勉強になりますよね。
いつか来る別れの時を思い悲しむより
今をいっぱい笑って愛犬と暮らして行きたいですよね♡
ルル父〜可愛い可愛いルルオリちゃんの記録を
いっぱい書き記してくださいね〜。
そしていつか必ず来るお別れの時には
一緒にいっぱい泣きましょう。
それまではどんな事があっても一緒に
愛犬の為に頑張っていきましょうね〜(〃⌒ー⌒〃)∫゛
2013年12月30日(Mon) 20:55
No title
編集
こすずママ さん

いつもありがとう
いつかは訪れる別れ
辛いけど避けては通れませんね

こすずママも先代のコー太ちゃんを亡くされていましたね

6歳とはあまりにも若すぎ 
悔やんでも悔やみきれないけれどどうしようもなかったんでしょうね

コー太ちゃんも短い犬生だったけど、みなさんに大事にされていたことは分かっていたと思います

今を大事に犬達と一緒の喜びをあじわい楽しみましょう
そしていつかお別れがきたときは一緒にいっぱい泣いてくださいね

ブログもこすずママとかに大事にされるからしんどくても頑張って午前様になっても書いてます(笑)

こすずママはほぼ毎日更新ですなあ~エライ
いつもダイナミックでパワフルなブログを楽しみに拝見しています

今年は大変お世話になりありがとうございました
よい新年をお迎えくださいね

来年もどうぞよろしくお願いします

2013年12月31日(Tue) 01:27
No title
編集
先代ポポは15歳で私の手をすり抜けて天に帰りました
15歳までいてくれたんだから充分と仰る方もいましたが
もっともっとそばにいてほしかったです
通院に明け暮れた半年間を振り返るとああしてたらこうしてたらと
思うことは尽きません
でもその時々で最善の選択をしてきたと今は思います

先にいってしまう事を憂うよりは
出来る限り快適な環境を整え 一緒に日々楽しく過ごしたいと思っています
くるみも思いがけず病気が見つかってしまいましたが
同じ症状を持つ方が残してくださったブログには本当に感謝です

病気を持つ子もなんとかうまく病気と付き合って長生きしてくれますように

ルルちゃん オリビアちゃん ご家族のみなさま
良いお年をお迎えくださいね
来年もよろしくお願い致します
2013年12月31日(Tue) 10:31
No title
編集
くるみままさん

先代のポポちゃんは15歳で逝かれたんですね

長生きしてくれてもやっぱり悔やむことはあるんですね

今を楽しく一緒に過ごす おっしゃるとおりなんですね

ひめままさんは闘病中のひめちゃんを看ながらの闘病記は辛かったでしょうけどこうしてみなさんの何かの役に立つと思い書き残してくれたことはありがたいですね

くーちゃん病気があるんですね

お互い毎日を大事に犬達との関わりを深めていきたいですね

くるみままさん ご家族の皆様 くーちゃん

よい新年をお迎えくださいね

来年もこちらこそどうぞよろしくお願いします


2013年12月31日(Tue) 13:55
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年12月31日(Tue) 19:24
No title
編集
鍵コメさ~ん

コメントありがとうございます

出会いがあればいつか別れが来る

辛いけれど現実です

いつかは訪れる別れに私達も涙することでしょう

ルルの病気は普通は若犬では発症しないそうです

老犬ではよくあることで知らないまま最後を迎えることもあるそうです

この先ルルが悪くなっていくかは分かりませんが、最悪歩けなくなったとしてもそのことを受け止め共に歩んでいく覚悟はできています

毎日ルル達には家族みんなが元気をもらっています

そのことも含めルル達をいっぱい可愛がり共に遊んだりお出掛けしたり共有できる喜びを残していきたいです

鍵コメさんとは私も不思議な縁を感じています

この一年大変お世話になりありがとうございました

またいつの日かお会いできたら嬉しいです

来る新年をご家族でゆっくりお迎えてくださいね

来年もどうぞよろしくお願いします

2013年12月31日(Tue) 23:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL